前へ
次へ

過去の喪服の違いについて

葬儀のときに遺族や参列者で喪服を着用することになりますが、黒い衣装というのは最近の風潮だといわれています。
以前は白い衣装を纏っていたといわれているのですが、明治以前はその衣装で故人を見送ったようです。
葬儀に参列する人は亡くなった故人を偲んで集まって見送ることができるのですが、これが一般に伝わってきたのはごく最近のことだということです。
それまでは身分があるために葬儀などができなかったりすることが多く、それ相応の身分の人しか葬儀を執り行わなかったこともあります。
もちろん簡易的なことはやっていたようですが、それは形式上のことで行われていたことがほとんどです。
そのために葬儀になども多種多様な部分があったので、今のような一般葬が当たり前、家族葬などの珍しいことではなかったといえます。
特に家族葬が当たり前の状況であったので、服装では喪服などの格好もそんなに厳しく規律としてなかったということもわかります。

Page Top