前へ
次へ

喪服は早めに購入が吉

新入社員として働き始めると、社会人としての付き合いをしなければならなくなります。
普段スーツを着て仕事をしている職場では、喪服も一つのスーツ的な扱いとして、常備しておくという考え方に抵抗はありません。
しかし、普段、作業着を着ているような会社では、スーツに対して距離感を持っており、喪服についても準備すべきものではなく、持っておいたほうが良いものになっている傾向にあります。
その為、いざというときに、喪服がないけれどもどうしたらよいか、といった質問が出がちなのです。
しかしながら、お通夜はともかく、葬式に参加する際には、社会人ともなればきちんとした格好をしておくことが一般的です。
出ていく場によっては、非常識な人というレッテルを貼られる可能性もあるため、社会人になった時には、喪服も一緒に準備しておくほうがよいでしょう。
もし、まだ準備できていないのであれば、スーツ量販店でもよいので、揃えておくことをぜひお勧めします。

Page Top